笹部の家~吹き抜けに丸太組梁のある和風レトロな住宅~

笹部の家~吹き抜けに丸太組梁のある和風レトロな住宅~

松本市笹部におしゃれな和風レトロ住宅な雰囲気のを建築させていただきました。
当初の打ち合わせから「和風の要素」「木の雰囲気に包まれたい」「丸太組を見せたい」という希望があり、今回の住宅に仕上がりました。
外観は玄関部分のサワラ板の雰囲気を活かしつつ耐候性も考えてメインは塗り壁となっています。五条建設では長く住んでいただくために屋根は軒を十分に出し外壁への雨がかりが少ないようにアドバイスしています。軒を長く出すので、屋根は軽いガルバリウム鋼板葺きと軒裏は木を見せる方式で雰囲気も軽やかになっています。
玄関は前面道路の車の通りも考えて通り抜け土間とし、外を通らなくても物置や家の裏手にアクセスでき、玄関土間を挟むようにシュークローク、奥には物置が配置されています。ミカゲ石の土間にはチークの床板の小上がりがあり、お客様がご自分で購入されたステンドグラスを入れ込んだ建具をあけてリビングへ入っていきます
リビングに入ると、吹き抜けに十字に架かる松の丸太梁が出迎えてくれます。
この丸太梁を組み合わせる技術は現代のプレカット技術では難しく、まさに職人さんの腕の見せ所となっています。古来の住宅では当たり前のように使われていましたが、現代では加工できる職人さんも少なくなっています。 このような貴重な技で加工された組丸太がこの住宅の見せ場となっています。
そのリビングの奥には、タモのカウンター付きのダイニングとキッチンが配置されていて、キッチン・ダイニングとリビングを挟むように階段が渡っています。
階段をストリップ階段(階段の段板のところに仕切りが無いもの)とすることで圧迫感を少なくし、かつ光を行き渡らせる効果も考えています。