岡谷の家

岡谷の家【ビルトインサンルームのある住宅】

この住宅の特徴として、サンルームのある住宅が欲しいというお施主様の希望より、最初からサンルームを組み込んだ計画から始まりました。
よくあるアルミのサンルームと違い、初めから建築の一部として造ることで一体感が生まれています。
防火の関係からトップライトはガラス屋根としていて、合わせガラスとすることで割れても落下しないように対策しています。
このサンルームを冬は締め切ることで、太陽の熱を蓄熱し冬場は暖かく、夏はサッシを解放してすだれなどで光を遮ることで日陰を作り涼やかな日陰空間として利用できます。

1階の奥にはウィークインクロゼットがあり、アパレルの店舗などでも使われている可動式の棚と可動式の服かけパイプで収納力をフルに活用しています。
室内の仕上げは1階は湿気に強く、汚れが目立ちにくいヴィンテージチークのムクフローリングと壁はしっくいの塗装壁として床の味わいを活かしつつスッキリした空間になっています。
もう一つの特徴として、リビングに大黒柱として丸柱を配置しました。
お客様の要望で将来ハンモックを吊りたいという要望と空間のアクセントとして設置したのもありますが、もう一つ構造的に大事な柱であるのも理由の一つです。
現代の住宅はキッチンからリビングまで広い空間を作るのが主流となっていますが、広ければ広いほど構造には負担がかかります。
この一本の柱によって、構造的に丈夫になったり、2階の床の振動が減ったりという有利な点が生まれました。
この丸柱はこの家のシンボルとして家族の家を支えてくれるでしょう。