カテゴリー別アーカイブ: ブログ

平成30年度松本市景観賞



本年度も受付が始まっています、7月31日が締め切りとなっています。

皆様の「いいな」と思う知ってほしい、残したい景観や活動を推薦してみてはいかがでしょう?

住宅や建物に限らず、塀だったり、看板だったり、公園だったり、心に残る景観はさまざまですよね。

詳しくはこちらをクリック→第30回松本市景観賞

【岡谷の家】ビルトインサンルーム

岡谷の家で作らせていただいたビルトインサンルームが好評なので、あらためてピックアップした写真を撮らせていただきました。



おかげさまで、「私の家でもやりたい」という声を頂いております。
そもそも、ビルトインサンルームがなぜ好評なのかを考えてみると

①【機能性】洗濯物を干すのに、時期によっては花粉や黄砂、地域によっては砂ぼこりでベランダやバルコニーに干せないといった悩みを抱えるご家庭が多い。

②【耐久性】アルミのサンルームだと、床がデッキ式が多くしっかりしていないので耐久性が低い、木造の住宅にとって付けたようで相性がよくない。

③【省エネ効果】建物と一体になっているので、冬場は戸を閉めて暖かい空気を蓄熱して暖房のような使い方ができる。

④【気持ちよさ】外であるが、屋根があるので中であるような安心感があり、中間期(春~夏、秋~冬)に過ごす場所として気持ちが良い

以上のような要因が挙げられます。個人的には④の気持ちよさが一番グッときますね。
この時期はハンモックなんかで寝て過ごしたい衝動が・・・。
写真は北栗の家のサンルームです。

この住宅ではさらに庭との関係性を重視して背の高い建具を引き込めるように制作してあるので
すべてをオープンにすることで外と中の境界線をあいまいにすることが出来ます。
そうすることで、サンルームという半外の空間にいながら庭を近く感じることができ、よくお寺の縁側から見る庭と同じような気持ちの良い空間となっています。


このようなサンルームを造ると、住宅に一つ特徴が生まれますよね。
そんな特徴ある家づくりを五条建設はしています。
各種お問合せ・ご相談はトップページのお問合せボタンから。または 0263-47-3632 にて受け付けております。

【外壁改修工事】箕輪町の家

少し遠くの現場ですが、ご縁がありまして上伊那郡箕輪町の外壁改修工事を行っております。

以前にもリフォームをさせていただいたりしており、今回は外壁塗装の改修工事です。

屋根は瓦屋根のためメンテは不要ですが、外壁のシーリング(つなぎ目の充填剤)が劣化が進んでいたため、その交換と外壁塗装を行っています。

高台に建つ建物なので、見上げると満開の芝桜が美しい現場の様子です。

【新規物件リリース】あんず歯科

秋より工事を進めてまいりました、松本市村井の歯科医院「あんず歯科」の完成が近づいてまいりました。

看板の点灯試験も無事終わり、雰囲気のある姿が見えてきました。
4月23日の開院に向けてこれから最後の仕上げです。

4月21日、4月22日には内覧会も行われますのでお近くの方はぜひご参加ください。

詳細は→あんず歯科ホームページをクリック

またはhttp://anzu-shika.com/ をご覧ください。

anzu

現場レポート【岡谷の家】

20180124_102628
岡谷の家が完成に近づいてまいりました。

今回壁をクロス張りから塗装しっくい壁に変更したこともあり、雰囲気がぐっとよくなりました。
来週には養生が外れて全体が見えてくると思います。

今回の建物はお客様のご厚意で見学もさせていただけますので、ご希望の方はご連絡をお願いします。

連絡は五条建設 0263-47-3632 岡谷の家見学とお伝えください。
メールでのお問い合わせは gojo@po.mcci.or.jp
となっております。

平成29年度松本市最優秀景観賞をいただきました。

住み継ぐ家-親世帯の平屋-が平成29年度松本市景観賞の最優秀景観賞に選ばれました。

この家の建築に携わった方々にも感謝しております。

今回の応募では「北栗の家」として応募しています。松本市島立という田園風景の中で、敷地にある大きな松と庭を活かした景観とシックな平屋の住宅の関係性を評価していただきました。
これを励みに、さらに良い仕事につなげていこうと思います。

https://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/matidukuri/keikan/tosikeikan/keikansho29.html

【岡谷の家】始まりました。

6月から進めてきた【岡谷の家】の基礎工事がようやく折り返し地点まで来ました。

 

今回の住宅は畑を農地転用しての建築になるため、敷地の造成から進めております。

地盤調査の結果、畑土の下にはなかなかよい地盤があったため簡易的な地盤改良で済みました。

事前に近くの地盤調査の結果を考察していたので、案の定、、、という結果でしたが

やはり実際に見てみないと安心できませんよね。

 

写真は第三者機関のあんしん住宅瑕疵保険による配筋検査の様子です。

現在の住宅はセルフビルドでない限りこの検査が義務付けられています。

熟練した職人さんといえども、毎回違う図面でいつも同じ精度で仕事をできるとも限らないので

このようなダブルチェック、トリプルチェックとなる検査は品質の高い構造を作る上で重要となっています。

笹部の家

ギャラリーのホームに「笹部の家~吹き抜けに丸太組梁のある和風レトロな住宅~」を追加しました。

4月初めに引き渡しをさせていただきました。丸太組の梁が特徴的なリビング空間となっています。
木の雰囲気あふれる魅力的な住宅となっています、ぜひご覧ください。

P1020783

【完成見学会】住みつなぐ家~子世帯~

9月から進めてきました自邸工事【住みつなぐ家~子世帯~】の完成見学会を行います。
アンティーク調の色合いとしっくい壁のかわいらしい雰囲気になっています。

お勧めポイントとしては

・収納のこだわり ・・・部屋がまるごとクローゼット
・風通しのこだわり・・・階段室と吹き抜けで空気循環
・構造のこだわり ・・・2階の斜め天井と見せ梁
・インテリアのこだわり・・・パイン材の建具でアンティークな雰囲気

などなど、現地でぜひご覧ください
隣には昨年見学会を行った和モダンな平屋【住みつなぐ家~親世帯~】もあり、そちらの見学も可能になっております。

日時:3月11日(土)12日(日)10:00~16:00

会場:松本市大字島立4058-1(駐車場あり)

※事前にご連絡いただければ時間外の見学も可能です。
ご連絡は0263-47-3632 五条建設まで。
※混雑具合でご案内が遅れてしまう場合がございます、ご了承ください。